蒸し暑い京都市内だから京都での名勝探しはどうにもの面倒だ

京都の夏は非常に暑い。サウナに入っておるような湿度という暑さでエアコンディショナーがなければ過ごせません。山野や川が近くにある田舎から嫁いできた私としてはずいぶん面倒くさいのです。ただしエアコンディショナーの特有は体調が冷えてしまい、求めているのはこうした涼しさではなく、そよそよ冷や冷やといった心地よい特有。勿論京都市内では不可能ことです。なので名勝見い出しを、としてパパのOFFに京都市内で気持ちいい点を探してみました。京都ってお寺や神社が多いので木陰も多いのです。検索をかけるとともかくお寺が引っ掛かったのでその「三千院」に行くことにしました。三千院は大原にあり市内のビル群やアスファルトの灼熱から解放された山にあります。木陰がものすごく気持ちいいのです。私の求めてたのはこいつだ-!風の音が涼しくいよいよエアコンディショナーの冷たさは体調に不純物です。また涼しさもですが歴史ある三千院の家屋にエモーション。こちらには有名なガーデンがありそこを眺めながらお茶をもらえる余剰もあるのです。皆が来られていました。皆さん涼を求めてこられたのでしょうか。観賞料金がかかりますが四六時中来たいぐらいだ。として京都にも気持ち良い点はたくさんあるようなのでこういう暑さをきっかけに名勝周りもうれしいですね。くまを治す方法

朝方はアラームいらずで起こされますが、同時に暑さも思えるのでいいのだろうかと思います。

夏季舞台になって昼前にアラームを張り付ける事が減りました。なぜって、夜更けが明けるといった天然のアラームがやる気満席発動するからだ。それは、夏季の名物でもある準がジージーシャーシャー鳴くからです。その会話でまぶたが覚めます。しかも大合唱なので憂鬱な気分でまぶたが覚めまてしまう。頼んでもいないのに朝からやる気すぎだろう、と思いますが準だって真面目なんだから仕方ないかなと思うようになりました。あの状態になってからの準の人生は短いのだから。でも不思議なもので準の会話を聞くと途端に暑さが厳しくなります。暑さは貫くのに暑さが増したように感じるのはそういった効果があるからでしょうか。私のいるエリアではミンミンゼミは鳴かないのでそこはほんのりいいのかもしれませんが全然変わりはないです。でも昨年に比べたら鳴き人は手緩いのかもしれません。昼前はそれなりに鳴いてもらえるが日中は静かなものです。暑さだけがヒシヒシって襲って来る。これで風の音も吹いてくれたら違うのかもしれませんが無風で暑いから困ります。準も日中にまで鳴きたくないのでしょうか。やはりこの季節は準が鳴いてくれないと妙な感じがするのでこれでいいと思います。流石にデイリー準に起こされるのは快くありませんがでもどの道起きなければいけないので慣れるしかありません。

スマホカバーを新調するといった、携帯のジャンル変換がしにくくなるんですよね。

つい先日、スマホケカバーを購入しました。日記ユニットのスマホカバーだ。白いレザー雰囲気の布地に蝶が描かれていらっしゃる、シンプルで良いシルエットのスマホカバーだ。日記ユニットのスマホカバーは、これで2回目のゲットですね。前回使ってみて、はたしてよかったから、繰り返し同じタイプのスマホカバーを選びました。なにが好ましいって、適当に手提げ袋にタブレットを入れても、ディスプレーが傷つく危惧がないというのが、日記ユニットの強みですよね。ケータイをしっかりと守ってくれてる感じがして、真実味があります。あとは、のぞき見を簡単にブロックできるところ。ケータイを通じていて、誰かの興味が気に、テンプレートといった日記を閉じてしまえば、完璧にディスプレーを押し隠すことができるのが嬉しいです。ケータイってプライバシーの固まりですからね。のぞき見されるというフィーリング悪いですから。ただ、スマホカバーを新調するといった、ケータイの仕様チェンジがしづらいというのがありますよね。埋め合わせを買ったばっかりなのに、ケータイを取りかえるわけにはいかないか。ってことで、現在並べるケータイですが、少し仕様チェンジしないことが決定しました。まだまだ、充電の鎮まりが早くなってきたように感じるんですが、我慢して使い続けないとだ。